当院の看護ケアについて

方針:安全なお産・安心な育児のために、妊娠期から産後まで継続的なケアを行っております。

MC・面談

〈前期後期のマタニティクラス・個人面談を実施〉
個人面談にてバースプランのご相談をさせて頂いております。妊娠、出産の不安や疑問の軽減に努めます。

分娩

Birth Unit
ご希望に応じてお部屋をお選びいただけます。
バースプランに沿って「生む力」を最大限に引き出せるようお産をサポートしています。

  • 原則的に必要のない会陰切開は行ないません。
  • ご希望に応じて早期母子接触(skin-to-skin contact、以下STS)を実施しています。
  • 立ち会い分娩を行っています。体調に問題がなければ特別な制約はありません。
    (幼いお子さんの立ち会いの場合は、付き添いの保護者が必要です。)

帝王切開では、「帝王切開は手術であり分娩でもある」の考えのもと、Gentle Caesarean Sectionに取り組んでいます。
Gentle Cesarean Section(穏やかな帝王切開)とは、家族中心の帝王切開とも呼ばれ、帝王切開中にご家族がお母さんの枕元に立ち会われる中でSTSを含めたケアを行うものです。
立ち会いなしでSTSのみの希望なども対応可能です。
(母児の状態や緊急の場合などは実施できないこともあります。)



STSとは…

生まれてすぐの赤ちゃんを裸のままお母さんの胸に抱くことをいいます。
生まれてから2時間の間、赤ちゃんはしっかりと起きていて、目をパッチリと開け、お母さんやお父さんの声を聞いています。
この時期にSTSを行うことで、お母さんと赤ちゃんの絆がより深くなり、赤ちゃんの呼吸や体温も安定してきます。
また早くから授乳をすることで、母乳の分泌も良くなります。

〈効果〉

  • 赤ちゃんの体温を保つ
  • 赤ちゃんの呼吸・循環の安定
  • 赤ちゃんの免疫力向上と感染予防
  • 母子の絆の強化
  • 母乳育児への効果

STS実施中は赤ちゃんの呼吸状態をモニタリングし、スタッフが付き添い、安全を考慮しながら実施しております。

経膣分娩後のSTS
経膣分娩後のSTSです。
陣痛を乗り越え穏やかな表情ですね。赤ちゃんも安心して眠っています。
帝王切開後のSTS
帝王切開後のSTSです。
手術の最中でもスタッフが付き添いながら抱っこができます。ママも赤ちゃんもとても良い表情ですね。

母乳

外来での面談時に母乳育児に関するパンフレットをお渡しし、妊娠中から母乳育児に向けた心構えをすすめてもらっています。
母乳育児を推進してはいますが、混合栄養希望など患者様の意向も取り入れながら個別的に関わらせていただいております。

入院中
ご希望があれば、体調をみながら産後すぐからの母児同室が可能です。帝王切開の場合、当日の夜は授乳時のみお連れします。
基本は母児同室ですが、疲労時などは新生児室でのお預かりもしております。
楽しい育児のスタートになるよう、お母さんと赤ちゃんにとって一番良い授乳方法を考え支援しております。

授乳室の様子
授乳室の様子
授乳室での様子。助産師や看護師がサポートいたします。

退院後
退院後は母乳外来にてフォローアップしています。母乳だけでなく退院後の育児相談も行っています。他院で分娩された方も予約可能です。
実施日:随時対応しておりますが、お電話にてお問い合わせください。

小児科

入院中
小児科の医師による診察を行います。
入院中に行えない場合は退院後に受けていただく場合もございます。

退院後
退院後1週間辺りで小児科医によって健診を実施しています。
体重の増えのチェックや、心配事の相談なども行います。原則全員受診となります。
実施日:退院後1週間の水曜日 午後
一緒に母乳外来を行うことも可能です。ご希望の方は、事前に予約をお願いいたします。